首のブツブツこのイボって老化のはじまりらしい

2017年11月8日

冬はもうすぐそこですね。

 

一年があっという間ですね!冬の到来とともに気をつけなければならないのがお肌の潤い不足。今年こそは乾燥しないためにもとっておきたい栄養素があるんです!それは「亜鉛」です。
亜鉛は必須ミネラルのうちの1つで髪の毛や爪、そして何よりお肌を健やかに保つのに重要な役割を果たすものなんです!亜鉛は牡蠣やレバーの他に、牛肉やたまご、チーズといった手軽なものにもちゃんと入っているのでご家庭の食卓にも沢山登場させてあげてくださいね☆肌が乾いてしまう原因の一つは洗顔です。
女性はメイクをするとクレンジングで落としてその後、洗顔料で顔を洗う方が大半です。

その時に、クレンジングや洗顔フォームがお肌に必要な油分まで洗い流してしまっていると考えられます。

年齢を重ねることで肌自体の油分が減少してくるので、さらに乾燥しやすくしてしまいます。
そのため洗顔後に化粧水や乳液を使い保湿をしケアをすることが大切なのです。
乾燥肌はカサカサするし洗顔後や起床後、ヒリヒリしていたいですよね。
乾燥肌には保湿対策が間違いなく重要になってきます。たくさんの野菜やフルーツを食べビタミン、ミネラル、葉酸など肌や体調を整える栄養素を補給し、水分もたくさん摂るようにしましょう。

 

また、化粧水をたっぷりとつけて皮膚を潤わせた後には潤いを逃がさないフタの役目となる乳液や美容液をちゃんとつけましょう。

 

体の内側からも外側からも栄養と潤いを乾燥肌に与えてやることが大切です。

歳を重ねるごとにシミやシワ、ほうれい線のたるみにくすみなどたくさんの肌にまつわる悩みが現れてどこから手を付けたらいいのかわからなくなります。そんな多くの悩みに応えてくれるスキンケア商品が今では沢山でているので、あれこれと購入しがちではありませんか?でも目的の違う商品をあれこれ塗り重ねるより、まずはひとつの悩みに対してじっくりとケアしてみる方が効果も高く結果がわかりやすいのでは、と思います。

最初は自分で気になって仕方がない問題を徹底的に消し去るつもりで、私はお手入れするようにしています。毎日のスキンケア、やはり一番大事にしているのは保湿です。バスタイムの後は一番最初に化粧水をケチらずにたっぷりと使ってお肌を潤わせます。

 

その後は欠かすことなく、化粧水の潤いを逃さないように美容液で蓋をします。
ずーっと使用しているのは、ヘチマ水。
お値打ち価格ですので、パシャパシャとたくさん使っても気になりません。

 

顔はもちろん、首、そして胸元まで使用します。
このケアは何年も続けていますが毎日お肌の調子が良いです。

 

私が妊娠中の時には肌質が変わって困ってしまう事もなかったので、これまで通りのスキンケアで大丈夫でした。ですが、赤ちゃんが生まれてからは毎日お世話が忙しく、夜間の授乳もあり寝不足が続き肌の手入れまでじっくりと行おうという気にならない日もあり、パパッとお手入れを終わりにできるオールインワンが大活躍してくれました。

 

同じように、そのままでも家事をする事もできるシートパックもよく利用しました。妊娠中はホルモンバランスが崩れるため、肌も乾燥しますし、肌荒れも起きやすいです。いつも以上の保湿が大切になりますが、お腹や太ももなどにできる「妊娠線」も多くの妊婦さんが気にするところではないでしょうか。
お腹が大きくなるのは胎児が大きくなっているからこそですが、皮膚の伸びがそれに対応できなかったため破れてしまっているということなので、この傷跡=妊娠線を作らないためには、念入りに保湿を行うだけでなく、体重が過度に増えて皮膚が伸ばされないように管理していくことも大切なことです。

一番効果が現れたと思うのは、顔の表情筋をストレッチで柔らかくしトレーニングで筋力アップを図った事です。
年齢肌対策には、弱ってしまった表情筋を鍛え直すことで、皮膚の表面のしわや肌のツヤも良くなったように感じます。顔の筋肉をそれぞれ意識することで、より効果的なトレーニングを積むことができました。年齢に囚われず若く見られるには、最重要となるのは他人から見られる顔、そして首のシワをできる限り薄く目立たないものにすることではないでしょうか。顔の筋トレから得られる効果は、たるんだ肌を引き締めシワを目立たなくさせるなど様々です。特別な道具を必要としないので「そうだ!」と思い立ったらいつでも気軽にできるのが、このトレーニングの良いところですよね。

妊娠した途端、いつも通りのスキンケアでは肌が負けてしまい敏感な状態になってしまいました。着ている服で体中がチクチクして痒くなってしまったり、顔がカサカサになってきたりしました。

そういうわけで私はより肌に優しい無添加の化粧品を使い始めました。出産をおえたら体の痒みはとたんになくなりました。

ただ肌の乾燥は変わらずでした。出産を終えるとわずかに残った体力も時間も育児に奪われていき、これまでのようにじっくりと肌をケアする時間も取れないため、オールインワンゲルで簡単スキンケアをするようになりました。

 

年齢を重ねると、お肌の状況は季節の影響を受けます。生理の前になると特に吹き出物や乾燥が気になるようになり、自分の肌に段々と自信が持てなくなってしまいます。普段から洗顔や細やかなケアをしたり、果物や野菜ジュースなどで栄養を摂るように心がけます。首イボ除去方法

 

肌荒れの時期に近づいてくるとビタミン剤を飲んだり自分で出来る限りのケアをしています。

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。